7/12 更新!

ハイライトシアター第1回公演

「ゴキブリの作りかた2010」

ご挨拶にかえて

 

 内田さんは立派なものになりたくなかったんだと思う。芝居や映画、いろんなことを長年やってると立派なもの扱いされてくる。とくに先生と呼ばれるのを嫌った。呼んだ人に「俺をバカにするな!」とイチャモンつけていた。僕たちは、それを見てメンドクサイなと思いながらも笑っていた。それと、ナレアイをひどく恐れていた。ナレアイが始まると嫌な匂いをたて始める。劇団でも、役者と監督でも。また、家族や国家もだ。内田さんはイヤな匂いがしてくると、途端にその場から、ぞろり、バサバサ、サッサカサのサーと逃げ出してしまう。僕たちは、突然のことに呆然とし、別れを知る。

 内田さんはどこに逃げたのだろう。きっと百年まちあたりで、新しい人間であるゴキブリに生まれかわるのを待っているんだろう。

早く作らなきゃ、内田ゴキブリを、ずいぶん待たせてしまった。夏はゴキブリの季節だ。

 

てなわけで、2010年7月、参院選真っ只中。

 

東京にハタシテどんな風が吹くのか!

 

百年まちのビートニクス内田栄一の約半世紀経っても色褪せることない

アナーキズムが爆発!

 

ハイライトシアターのガラクタどもが

吠える!吠える!吠える!そしてスクラップノ矢ヲ放ツ!!

 

 

 

ハイライトシアター 伊藤猛